日記としてのブログはどこにいってしまったのか、インターネット上の日記の歴史をたどる【個人ホムペ→ブログ→SNS→今は?】

 

どうも、インターネット老人です。

 

今回このブログを立ち上げたきっかけがもう一つのメインブログ(ふろりもふり)が雑記ブログにするにはメインの旅行・温泉ジャンルと他のジャンルの差が激しいなと前々から思っていたことです。

なんかブログネタ思いつくたびに「うーんでもこのカテゴリで書くとまた10記事ぐらい書かないとコンテンツにならないな…」とか「ただの感想だからアクセスは来ないやろうなぁ」とか考えて結局書かないことが多いんですよね、今書いてるだらだらとしたこの文章もまさにそれですw

それなら、なんでも書けるブログをもう1個作って、そこに色々書きたいこと(時事ネタとかガジェットとか好きなこと)書くか!ってなったわけです。

ただ、ブログをワードプレス(っていう少しだけお金がかかってるブログの形態です)で立ち上げたからには少しアクセスも欲しいので、こういう感じの「絶対読まれんやろ」っていう記事と、「検索を意図した記事」を分けて書くことによってブログを書きたい欲を常に満たすというか…そういうのが目的です。

このカテゴリをただの雑記、としてますが、ただの雑記についてはh2タグとか意識する気すらないので、見栄えもクソも無いんですが、意外とこういう文章だらけの方が昔のブログみたいで読みやすいって人もいますよね。(途中から段落が欲しくなってタグが出てきますごめんなさいw)

そもそもブログってもっと気楽に書いていいと思うんですよね。昔はトラックバックっていって有名ブログのトラックバック一覧に関連記事作りました、ってお知らせ出来る機能があって、有名ブログもそこからこういうコメントがありましたーとか拾って広めたりで無名ブログでもバズったりしてたのですが(はてなブログの「はてブ」がそれに近い。)

そういう誰でも使える機能も無くなって、アクセス数を集めるにはSEOを極めて検索上位になるか、SNSでインフルエンサー的な立ち位置になるかのどちらかが必要で、それに凄く時間と労力がかかります。

ニッチキーワードを狙えば良いのですが、それも気軽にブログ書きたい人が意識していることではないので、やはり10年前ぐらいに比べると内容が充実していたとは言え、日記ブログでアクセス数集めるって相当難しいよなぁって思います。

そら日記としてブログ始める人なんてもう出てこないよなぁって思います。
じゃあ今はインターネット上にある日記はどこにいってしまったのか、それは文章を書くためのツールが時代によって移り変わっていることを追いかけるとよく分かります。

目次

インターネットと日記の関係を追う

2000年以前~2003年ぐらいまでは個人ホームページ

これは昔のインターネットオタクである程度凝った人たちが自分のホームページを作って遊び感覚で運営してましたね。
日記はカテゴリの一つで、アクセスした人が何かを書き込むweb拍手や大体身内しか書き込んでないBBSなどが流行りました。

この時期から活動してた人はみんな当時のことを大体黒歴史と呼んでるますw(中二病に罹患した学生のオタクが多かったw)

 

2003年~2007年ぐらいまで→無料ブログ時代(Ameba、FC2、Seesaa、はてなブログ、ライブドア)など

自分から気軽にインターネットで発信できる時代(カッコよさげにweb2.0とか言われてました)が急にやってきて無料ブログは急速に広まりました。
アフィリエイトという言葉を耳にするようになったのもこの時代です。

ちなみに自分も2005年頃から当時高校生ながら無料ブログで日々日記を書いてました、当時Amebaブログ使ってたんですが、確か死ぬほど重くてfc2に逃げたい…ってずっと思ってた記憶があります。

日記としては一番濃いものが書かれていたのがこの時代ではないでしょうか、なにせこれしかツールが無いわけですから、みんな個々の起きた出来事をインターネット使う人は書き込んでいた時代です。

 

2007年~2013年→mixiの大流行と、ネット民以外を獲得したFacebook

正直この辺りはmixiの1強だったわけですが、2010年ぐらいからネットをあまり使っていなかったおやじ層や企業、若いリア充もネットに注目するようになったのがこの頃です。
2000年代後半はニコニコ動画が一気に流行ったこともあって、新しいオタク層をSNSにどんどん取り入れていくようになり、日記についてはmixiで主に書かれるようになりました。

一番mixiが伸びていた時期は日記もみんなこぞって更新していて、コンテンツとして非常に充実してて、1日のうちmixi眺めてる時間がめちゃくちゃ長かったのを覚えていますw

ブログについては画像や文字の協調、段落付けなどきちんと読み物的に書きたい人、または書くコンテンツが決まっていてメディアのように運営したい人が引き続き使っている状況でしたが、それも少しずつ縮小していきます。

facebookは海外で流行っていた輸入コンテンツですが、顔出しと本名出しが前提の為、リアルの自分とネット上の自分の混同を避けたい従来のネット民にはウケずに企業や店舗の広報として使われたり、顔出しや本名プレイに違和感の無い新規ネットユーザーのおじさん、若者に広まっていった印象です。

 

2014年~ 2017年→Twitterの台頭

2012年を過ぎるとmixiの勢いが一気に落ち(プライバシー機能の強化であしあと削除、スマホ対応が後手に回ったことなどで自爆)
誰でも登録できるTwitterが台頭、140字のつぶやきが日記の代わりとなってきています。
(LINEも普及しましたがSNSというより連絡ツールみたいな感じなので省いてます。)

Twitterで起こるコンテンツとしての流れを #をつけたハッシュタグで管理されるようになり、短絡的な文章の中でも、ハッシュタグさえ使えばだれでも今起こっている事象に参加出来るようになる、といったことが定着したのもこの時代です。

 

2018年~現在→Twitter、instagram、note

もうこの頃になると、オタクとかパンピーとか関係なくなって、おっちゃんおばちゃんでも中学生でも、ご老人まで、世間の大部分がSNSを使う時代に。
現実世界以外にSNSでの動きが第2の顔となってきた時代ですね。

Twitter上やネット上での名誉棄損やバカッターといったことがインターネットリテラシーを知らない世代のやらかしが頻発し、実際に司法上で協議され裁かれるようになったあたり、大衆文化として定着したのがうかがえます。

日本においてはTwitterがいまだに最強なわけですが、若手の女子などにはinstagramが大人気でそこで名声を得ると企業案件が来たりといわゆるインフルエンサーという言葉が定着したのがここ2年ぐらいの話。

スマホとの相性が抜群なので、体験をそのままTwitterやインスタに呟く、ということがそのまま現実の行動にアウトプットされるようになりました。

ただ、イベントに参加した感想や、世間に対して思っていること、自分に起きたことを綴る長文みたいなものを書くツールのニーズは絶対に無くならないと思っていて、10代や20代が新しくネットの世界に参入してきて、Twitterでは少し物足りない、文章で何かを発信したいと思うようになってくることもあるでしょう。
それに使えるツールがあるのか…

noteというツールの可能性

なんとなく文章が書きたいときに書けるツールとして、noteがまだ少数派ですが今後増えていくと思います。
noteはSNSとの連携が簡単でかつ、更新頻度など関係ないので、思ったことを思ったように書けます。
アカウントも簡単に作れるし、読み物を作るにはめちゃくちゃいいですよね。

正直この記事もnoteで更新した方が良いのでは?とすら思ってしまうレベル。
ブログのようにも、SNSのようにも使えるので今後さらに定着していくのでは?と思います。

タグを見ると分かるのですが、日記の投稿が数多く、昔のブログの良さっていうのがnoteには詰まっている気がしてホッっとしています。

 

2020年代は既に流行っているVLOGが益々台頭する

で、ずばり今後の日記はどうなっていくのかというと先ほど文章を書くという意味でnoteを紹介しましたが

新しい形として動画が流行りになっています。いわゆるVLOGというやつです。

Youtubeを主な配信媒体として、その人となりや生活のルーティンなどを編集して小出しにしていくのが流行っていて、これはずっと文章を書いていた人たちにとっては完全に新しいコンテンツで10代、20代はもちろん、幅広い世代が動画を出してきています。

広告収入目的で始めている方、趣味でやっている方など様々ですが、日記の在り方の一つであることは間違いありません。

VLOGに代わるものっていったらパッっとは中々思いつかないので、しばらくはYOUTUBEでVLOGを撮って公開するブームが続くかなって思ってます。

↓こんな感じ。文章で書いてたことがそのまま映像になってる感じです。

 

インターネット上におけるブログの立ち位置

じゃあブログってどうなっていくの?っていう話なんですが

もうここ何年も続いてる収益目的のツールとしてはめちゃくちゃ定着してきています。

むしろ「ブログ?あぁ副業でやるの?」っていうぐらいブログ=お金稼ぎになっているのが悲しいところです。
収益目的でといえばブログ(これも最盛期は過ぎましたが)という立ち位置が当分続くのは間違いなく、雑記ブログがあればたまに日記のような更新がある程度ではないでしょうか。

収益が絡むとどうしても売りたいが先行してしまって、根拠不明の謎のランキングを作ったり、文章を読みやすくするために表や箇条書きに凝ったりして、中々無垢な文章を目にする機会が無いです。

そして残念なことにそういった無垢な文章を書く、日記目的でのブログ運営については益々減ってきており、目にする機会も少なくなってきています。

ただし、テーマ性のあるサイトのコンテンツとして日記は生きていますので、そちらでは日々更新が続いてます。

4travelの旅行記

車専門の情報サイトみんカラのブログ

この2サイトはそれぞれテーマ性がありますが、旅行記と車の整備日記や走りに行った日記などが今も沢山更新されています。

 

既にブログが日記、雑記感覚で使う選択肢としては気軽に始めれないコンテンツになっている。

ここまで読んでて気付いた方もいるかもしれませんが、検索での上位表示が難しくなって人に読んでもらいにくくなった今、無料でも日記を書くために個人でブログ開設をおすすめ、っていうのはしづらい状況になってきています。

というのも、昔は「うおー、こんなことしたったでー!」とか「こんなとこ行ってきたでー!」っていう発信に対して「すげー!」とか「わろたー」とか言うやり取りが無料で出来る場所としてブログが使われていたわけですが、今はその座はSNSに完全に奪われてしまっている為、お金関係なく何かを発信しようと思ったときにブログで始めようとは中々思わないわけなんです。

SNSでは短めな発信しか出来ないので長文が書けるブログはそれに勝っている部分ではあるのですが、いかんせんアカウント解説して書くかーっていう程気軽に始めれるものでもない。
ところがそのSNSと織り交ぜて、超気軽に始めれるのがnoteなので、noteが無料ブログに代わるかなりの有力候補であることは間違いないかと。
収益という目的でnoteを書いている人もいますが、それは一部の人であって日記というコンテンツと今のところは共存出来てるかなというイメージです。
※2020年3月17日(ちょうどこれ書いた日じゃんw)にnoteの規約が変更されて収益の中身公表のような情報商材としては使い辛くなったようです。

つまり、何かコンテンツを作りたければ2020年現在はyoutube、動画がイマイチだと思うならブログ
ただの日記のように文章を書きたければnote、という形が今後定着するのかなーと思います。

最後にまとめ

ここまで書いてて何が言いたいねんっていう話なのですが、日記のような収益目的以外の文章メインのコンテンツが今も盛んに書かれている結論としてはnoteだぜって、そういう話です。

そらインターネットが一般の世に出て20年以上も経つのでコンテンツの移り変わりはありますよね。

この記事、何も考えずに記事作成画面を開いて書きだしましたが、気が付けば4500文字超えてて長文記事になってしまいました…
せっかくなので、ちゃっかりh2タグも付けて更新したいと思います(しかもその後さらにcanvaでサムネまで作ったw)

こちらのブログはまだ始めたばかりで全然記事が無いので、こんな文章でも最後までもし読んでくれた方が居ましたらメインブログの「ふろりもふり」の方でも旅行関係メインですが色々書いてるので見てやってもいいぜ?って方は是非。

それでは~!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる